国内ブロックチェーンエンジニアの技術の祭典

Hi-Con 2018 実行委員会は、ブロックチェーン基盤技術「Ethereum(イーサリアム)」の技術者を対象にした大規模テックカンファレンスを、2018年11月10日(土)慶應義塾大学日吉キャンパス協生館にて開催いたします。

■ 公式サイト: https://conference.hi-ether.org/

■ 開催背景
2015年に公開された分散型アプリケーションの開発プラットフォームである「Ethereum(イーサリアム)」は、現在世界中のプロジェクトで最も活用されるブロックチェーン基盤技術となりました。

昨今の世界的な仮想通貨ブームを受け、主に資金調達の手段として注目を浴びましたが、本来ブロックチェーンの汎用技術であるイーサリアムは、金融領域に限らず様々な分野での応用可能性を秘めています。

日本はこれまで、仮想通貨の最大の「マーケット」として世界から注目されましたが、仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンに携わる国内技術者は多くありませんでした。そこで今回、国内のイーサリアム技術者コミュニティである「Hi-Ether」が主体となり、イーサリアムの「技術」の側面に特化したテックカンファレンス「Hi-Con 2018(ハイコン)」を開催します。

■ 開催内容
Hi-Con 2018 は、“イーサリアム技術者の祭典” として、イーサリアムを活用し新しいサービスを実現しようとするエンジニア、企業の情報発信の場となります。国内外からイーサリアム/ブロックチェーン技術に関わる第一線の技術者の方々を招き、テックトークやワークショップなど、最前線の技術トピックに触れられる様々なセッションを並行する3つのトラックにて実施します。

また、今回新しい取り組みとして、Hi-Con 2018 カンファレンスチケットの学生割引システムを、実際にイーサリアム技術を活用する形で、有志のエンジニアによって開発しました。Hi-Ether では、技術者自らがブロックチェーン技術の実事例を生み出すことを通し、業界の健全かつ持続的な発展および普及を目指します。

■ イーサリアムを用いた学生証明システム
今回、Hi-Con 2018 では、カンファレンスチケットの学生割引の取り組みにイーサリアム技術を実活用しています。分散型 ID システムである uPort 上にユニバーサルな学生証明書を発行し、その証明書をオンラインで提示することでチケットの割引コードを発行する仕組みです。

学生証明システム:https://gakusei.hi-ether.org/
学割コード発行サイト:https://gakusei.hi-ether.org/coupon

■ 開催概要
名称:Hi-Con 2018
主催:Hi-Con 2018 実行委員会/Hi-Ether Japan
会期:2018年11月10日(土)10:30 ~ 18:45(9:30 受付開始)
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館・藤原洋記念ホール
住所:〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉4−1−1

■ 主催団体について
2017年11月、国内のイーサリアム技術者の呼びかけで始まった “Hi-Ether” は、エンジニアに特化したコミュニティとして、発足以来、月に100人のペースでメンバーが急速に増えてきました。

現在では、オンラインフォーラムでのディスカッションや、オフラインでの勉強会などが活発に行われる、国内最大のイーサリアム技術者コミュニティとなっています。

コミュニティURL: https://www.hi-ether.org
Twitter: https://twitter.com/hiether_org
公式ブログ: https://note.mu/hiether/m/m80e809aab31b

■ Ethereum(イーサリアム)について
2013年に Vitalik Buterin によって構想され、2015年に公開されたブロックチェーン技術。「Smart Contract(スマートコントラクト)」と呼ばれるプログラムコードをブロックチェーン上に記載することでき、分散型アプリケーション (Dapps) の実行基盤として活用される。

オープンなパブリックブロックチェーンである一方、エンタープライズ向けの仕様等を定める Enterprise Ethereum Alliance (EEA) も存在する。

■ お問い合わせ先
contact@hi-ether.org
 
 
※利用規約